• facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 会員について
  • お問合せ

香水を見つけましょう

review 0057 : ルビキス オードゥパルファン / LOUBIKISS Eau de Parfum

【香水名】 ルビキス オードゥパルファン / LOUBIKISS Eau de Parfum
【ブランド名】クリスチャン ルブタン  / Christian Louboutin
【発売年】2020年
【パフューマー】 ダフネ・ブジェ(IFF)
【香りのノート】フローラルウッディノート
【キーとなる香り】
ジャスミン、チュベローズ 、ムスク
【レビュー対象商品】オードゥパルファン 90ml 36,300円(本体価格)
※レビュアーが実際に試香した製品のみ記載しています。価格はレビュー当時のものです。
【オフィシャルサイト】
https://jp.christianlouboutin.com/jp_ja/loubikiss-eau-de-parfum.html

 
 クリスチャン ルブタンから
『ルビワールド フレグランスコレクション』と名付けられた新しいフレグランスコレクションが発売されました。今回は、クリスチャン・ルブタン氏自身がこれまで旅をしてきた世界中の特別な場所からインスピレーションを受けた、それぞれが少しエキゾティックで幻想的なニュアンスを持つ香りが提案されています。香りはその人を表すシグネチャー(署名)のような大切なもの。このコレクションではフレッシュフルーティシグネチャーからオリエンタルシグネチャーまでの7つのレンジが揃えられています。

 ルブタン氏自身の幼い頃の香りの思い出は、太陽が照りつけると感じられなくなる雨が降った後の庭の匂いなどの飾り気のない自然の香りだそうです。『ルビワールド フレグランスコレクション』のそれぞれの香水にも、自然を感じさせる香りが取り入れられています。

 さて、今、クリスチャン ルブタン ビューティのサイトには、『ルビワールド フレグランスコレクション』の中であなたに最適の香りを見つけるコーナーがあります。私もトライ。4つの質問に答えた後に提案されたのはフローラルウッディノートの『ルビキス』でした。 
 『ルビキス』は、ムエットにつけた瞬間からジャスミンとチュベローズが生花の花束のように香り立ち、とてもフレッシュな感覚を覚えます。トップノートから鮮やかなフローラルノートを感じる香水は意外と少ないので、花の香りの香水好きとしては、とても嬉しいのです。肌にのせると、香りはもう少し複雑な表情を見せます。軽いアニマリックノートが現れて、それは天然のジャスミンに含まれている獣臭というより、猫のお腹に顔を埋めた時のような、ゴージャスだけどどこか安心するような柔らかいファーのような香りです。このように素敵に香りをアレンジするのはパフューマーの技術ですね。

 『ルビキス』は、グルノーブル生まれ、ジュネーブ育ちの女性パフューマー、ダフネ・ブジェによる調香です。彼女は10際の時にパフューマーの仕事に興味を持ち、その何年か後に家族旅行で出かけた香水の都グラースで、国際香水博物館のガイドツアーに参加します。そのツアーの最後にパフューマーの仕事についての説明を聞いた彼女はISIPCAに進学することを決め、卒業後は順調にキャリアを重ねて、私も2004年頃から彼女の名を目にするようになりました。『ルビワールド フレグランスコレクション』では『ルビドゥー』、『ルビラージ』、『ルビクロック』の調香を担当されています。

 最初ボトルデザインを見て「スカル?」とドキッとしたのですが、メキシコの死者の日に街中を飾るカラベラ(スペイン語で頭蓋骨の意)がモチーフとのこと。10月の終わりから11月の初めにかけて行われるこのお祭りでは、祭壇の飾りや雑貨、食べ物までがカラフルなスカルモチーフになります。若い女性たちがスカルのフェイスペイントをして出かける様子はキュートで魅力的。『ルビキス』のボトルの真っ赤なルージュを塗って、花を飾ったスカルを見ているうちにだんだんと愛おしくなってきました。ジャスミンの香りが贅沢に感じられるのに重くならないのは、こんなコケティッシュなイメージを香りに取り入れたからでしょうか。

 2010年の春分の日にモンテカルロで行われたモナコ公室主催のLe Bal de la Rose でルブタン氏のお姿をチラリと拝見したことを思い出しつつ。クリスチャン ルブタンの魔法の世界を楽しんでいます。

 レビュアー 地引 由美 Yumi JIBIKI 2020年11月

香水を見つけましょう
記事一覧

New Entry

  1. review 0057 : ルビキス オードゥパルファン / LOUBIKISS Eau de Parfum
  2. review 0056 : リブレ / LIBRE
  3. review 0055 : ヴァーダント / Verdant
  4. review 0054 : ジ アイズ オブ ザ タイガー / The Eyes of the Tiger
  5. review 0053 : ローズ オードパルファム / Rōzu Eau de Parfum
  6. review 0052 : グラナダ サルヴィア / GRANADA SALVIA
  7. review 0051 : ジャスマン ドゥ ペイ/ JASMIN DE PAYS
  8. review 0050 : ロム イデアル エクストレム / L’HOMME IDÉAL EXTRÊME
  9. review 0049 : パルファム フジ / PARFUM FUJI
  10. review 0048 : モン ゲラン ブルーム オブ ローズ オーデパルファン / MON GUERLAIN EAU DE PARFUM BLOOM OF ROSE

Archive

  1. 2020年11月
  2. 2020年10月
  3. 2020年8月
  4. 2020年6月
  5. 2020年5月
  6. 2020年4月
  7. 2020年3月
  8. 2020年2月
  9. 2019年12月
  10. 2019年11月
  11. 2019年5月
  12. 2019年4月
  13. 2019年3月
  14. 2019年1月
  15. 2018年11月
  16. 2018年10月
  17. 2018年9月
  18. 2018年8月
  19. 2018年7月
  20. 2018年6月
  21. 2018年5月
  22. 2018年4月
  23. 2018年3月
  24. 2018年2月
  25. 2018年1月
  26. 2017年12月

Shopping

ラブティックパフュメ WEB SHOP ラコゼットパフュメの公式WEB SHOPです。

×

書籍のご案内

  • パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール

    [著書]
    『パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール』
    (講談社 / 2012年)

    >ご購入はこちら
  • ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち

    [監訳書]
    『ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち』
    (フレグランスジャーナル社 / 2015年)

    >ご購入はこちら

Page Top