• facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 会員について
  • お問合せ

香水を見つけましょう

review 0052 : グラナダ サルヴィア / GRANADA SALVIA

【香水名】グラナダ サルヴィア / GRANADA SALVIA
【ブランド名】ゲラン / GUERLAIN
【発売年】2020年6月1日
【パフューマー】ティエリー・ワッサー / Thierry WASSER
【香りのノート】フルーティシトラス
【キーとなる香り】
トップノート:カシス、ヒノキ、ベルガモット
ミドルノート:ザクロ、セージ、ローズ
ラストノート:モス、パチュリ、ホワイトムスク
【レビュー対象商品】オーデトワレ 75ml  9,000円(本体価格)
※レビュアーが実際に試香した製品のみ記載しています。価格はレビュー当時のものです。
【オフィシャルサイト】
https://www.guerlain.com/jp/ja-jp/p/aqua-allegoria-granada-salvia-P013965.html

 

 1999年、ゲランの4代目調香師、ジャン=ポール・ゲラン によってクリエイトされたアクア アレゴリアシリーズは、新しい世紀のスタートを目前にして、新しい時代に必要な美しい香りを提案しました。美しい自然の中で過ごすひと時が象徴する飾り立てない上質さを、物語の様に描き出した香りのコレクションを発表したのです。この年にフランスの北部、ブルターニュ地方ではタンカーの沈没による海岸線の重油汚染があり、自然に対する人間の責任を見直す契機ともなりました。「~をしなさい」「~をしてはいけない」とルールで縛られるより、「~を守りたい」という気持ちを持つ方が人の信念は強くなります。それまでのバブル景気でメディアから押しつけられていた価値観から、自分自身の心の奥底をのぞき本当に欲しいものは何なのか問い直す様な気運が高まりました。 
 COVID-19の影響で、 世界中の人々が多かれ少なかれ外出を制限され、または外出の自粛を行なった今年も、自分の国、自分の住処、そして自分自身、自分の出来ることを見直す時間が多かったことと思います。多くの人が、新しい生き方を模索中です。

 今年2020年のアクア アレゴリア コレクションのテーマは、
  ジョイフル バイ ネイチャー JOYFUL BY NATURE
  “生きる喜び”、”心の高鳴り”、”旅”

 世界の美しい庭園へと誘う香りが2種、デビューしました。今日はその中の 『グラナダ サルヴィア』 をご紹介します。この香りの舞台は、スペイン南部のアンダルシア地方のグラナダの庭園。緑豊かな丘に建つアルハンブラ宮殿から、涼しげな噴水、清閑な中庭、果樹園を見ながら散歩を楽しむひと時。パリっとザクロの粒を噛み、口の中に甘露の様な透明な赤いザクロの果汁を感じる瞬間。その様な爽快なフルーティシトラスノートです。カシスの甘酸っぱさと、庭園にある糸杉の間を吹き抜ける風。さらに、ゲランがとても大切にしている”緑の黄金”とも称されるベルガモットが、トップノートを奏でます。そして真っ赤なザクロの溢れる果汁から感じるジューシーな甘さに寄り添うのはローズとセージ(=スペイン語でサルビアと言います)。このセージの、シソ科のスッキリとした香りが清らかさと落ち着きとを感じさせます。花と果物とハーブのコンビネゾンから生まれるのは、寛容なイメージを持つ品のある香り。パチュリとモス、軽やかなホワイトムスクのラストノートへと香りの散歩道は続きます。

 アクア アレゴリアに新しいコレクションが加わるのを毎年楽しみにしていますが、今年の 『グラナダ サルヴィア』はフレッシュでありながら上品さを兼ね備えています。その鍵は、セージ。一般にハーブの香りは印象が強く、香水としてその魅力を発揮させるのは難しい点があります。セージは、ヨーロッパでは様々な料理や、化粧水、芳香水、薬として特によく使われてきたハーブの一つです。またその殺菌効果から「健康で長生きしたければ、セージを」とも言われます。世界中の香料原料を知り尽くしたゲランの5代目調香師、ティエリー・ワッサーは、ザクロとセージとホワイトムスク をこれ以上ない美しいバランスで、アクア アレゴリア シリーズのコレクションにラインナップさせました。
 体にフィットする滑らかな曲線の仕立ての良いスーツに身を包み、相対する人にも、周囲にいる人にも、美しい姿を見せるティエリー・ワッサー氏は、頭の回転が早く、ウィットに富み、決められた常識や固定観念を自分の感性で見直し、判断し、飛び越える人です。その様な彼の感性は、ゲラン、という偉大なる格式の中で、今回も素晴らしい香りを生み出しました。

 アクア アレゴリア コレクションは発売時からその優雅さは変わらず、でも年々自由度が高まってきている様に思えます。近年はコレクション内で香りの合わせ使いを楽しめるのもその為でしょうか。今回の『グラナダ サルヴィア』を試す中で、これまでのアクア アレゴリア コレクションと合わせて使った時のベストな香りのハーモニーを探してみました。『ベルガモット カラブリア』のシャワージェルで体を洗い上げた後に『グラナダ サルヴィア』をスプレーすると、スッと心が落ち着きます。『フローラ チェリージア』とのコンビネーションは、よりフェミニンな印象に。『ハーバ フレスカ』と合わせれば、ヘルシーなエネルギーを感じます。『ペラ グラニータ』と合わせて使えば、フルーツカクテルの香りを感じ、よりリゾート感が高まります。

 人々の様子をよそに、植物は季節に従って成長し、開花し、種をつけています。私も3月初めのラナンキュラスから、5月の末のクジャクサボテンまで、今年はたくさんの花や植物を庭でじっくりと見てきました。植物の持つ力や豊かさは人を強く支えます。今日からのニューノーマル2.0の暮らしの中で、『グラナダ サルヴィア』 は、優雅に生きる人の心を支えてくれる香りになることは間違いありません。

レビュアー 地引 由美 2020年6月

 

香水を見つけましょう
記事一覧

New Entry

  1. review 0053 : ローズ オードパルファム / Rōzu Eau de Parfum
  2. review 0052 : グラナダ サルヴィア / GRANADA SALVIA
  3. review 0051 : ジャスマン ドゥ ペイ/ JASMIN DE PAYS
  4. review 0050 : ロム イデアル エクストレム / L’HOMME IDÉAL EXTRÊME
  5. review 0049 : パルファム フジ / PARFUM FUJI
  6. review 0048 : モン ゲラン ブルーム オブ ローズ オーデパルファン / MON GUERLAIN EAU DE PARFUM BLOOM OF ROSE
  7. review 0047 : ウール ダプサンス / HEURES D’ABSENCE
  8. review 0046 : ラ ポ ヌ / LA PEAU NUE
  9. review 0045 : オカバンゴの水面 / REFLET SUR L’OKAVANGO
  10. review 0044 : シャリマー スフル ドランジェ / ゲラン

Archive

  1. 2020年6月
  2. 2020年5月
  3. 2020年4月
  4. 2020年3月
  5. 2020年2月
  6. 2019年12月
  7. 2019年11月
  8. 2019年5月
  9. 2019年4月
  10. 2019年3月
  11. 2019年1月
  12. 2018年11月
  13. 2018年10月
  14. 2018年9月
  15. 2018年8月
  16. 2018年7月
  17. 2018年6月
  18. 2018年5月
  19. 2018年4月
  20. 2018年3月
  21. 2018年2月
  22. 2018年1月
  23. 2017年12月

Shopping

ラブティックパフュメ WEB SHOP ラコゼットパフュメの公式WEB SHOPです。

×

書籍のご案内

  • パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール

    [著書]
    『パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール』
    (講談社 / 2012年)

    >ご購入はこちら
  • ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち

    [監訳書]
    『ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち』
    (フレグランスジャーナル社 / 2015年)

    >ご購入はこちら

Page Top