• facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 会員について
  • お問合せ

香水を見つけましょう

review 0061 : イジィア ラ ニュイ / Izia La Nuit

【香水名】イジィア ラ ニュイ / Izia La Nuit
【ブランド名】シスレー / SISLEY
【発売年】2021年5月1日
【パフューマー】アマンディーヌ・クレール=マリー / Amandine Clerc-Marie
【香りのノート】フローラル・ウッディ・シプレー
トップノート:ベルガモット、マンダリン、ブラックカラント、カルダモン
ミドルノート:ローズ、フリージア、マグノリア
ラストノート:ラブダナム、パチョリ、オークモス、アンブロックス、ウッディ、バニラ
【レビュー対象商品】オードゥ パルファン 30ml / 13,200円 50ml / 18,500円 100ml / 27,000円(本体価格)
※レビュアーが実際に試香した製品のみ記載しています。価格はレビュー当時のものです。
【オフィシャルサイト】

https://www.sisley-paris.com/ja-JP/fragrance/women.html

 2017年に発売されたシスレーの香水『イジィア』は、1976年のブランドの創業当初よりウベール・ドルナノ伯爵をいつも傍らで支えてきた妻、マダム イザベル・ドルナノの子供の頃の呼び名、ポーランド語でイザベルの愛称『イジィア』が香水名になりました。もし幸せに色があるとしたらこの色ではないかと思うような、ローズカラーのグラデーションが美しいボトルに収められた『イジィア』は、アルデヒドのやわらかなヴェールに包まれた気品あるローズの香りです。

 そして今年2021年5月、『イジィア ラ ニュイ』が発売となります。『イジィア』が輝く陽光の下のローズであるなら、『イジィア ラ ニュイ』「ニュイ=nuit」フランス語で夜、という単語が添えられている通り、夜をイメージした香り。 

 肌に纏うと、マンダリンとブラックカラント、そしてカルダモンがもたらすスパイシーなグリーン香のあるシトラスがすっと香り立つ、フレッシュ、かつシックな幕開きのトップノートです。ミドルノートはシスレーならではの、贅沢なフローラルノート。フリージアの香りが持つ軽やかなリズムとマグノリアの香りが奏でるメロディーが聞こえる、大輪のローズが咲き誇る庭園に面した古城で行われる夜のパーティ、そこにいる美しい女性達の姿が目に浮かぶ様です。やがてラストノートになると、洗練されたパチョリやオークモス、ラブダナムとミルキーなバニラのハーモニーへと移り変わりますが、その奥には薔薇のキャンディのような、フェミニンでどこか可愛らしいスイート感があります。

 最初から最後まで華やかで大人っぽいシックなイメージと共に、上品なウッディレザーノートが香る様子はさすがシスレーです。

 ところで、シスレーの女性用香水といえばまず名前が挙げられるのが、1990年に発売された『オードゥ ソワール』でしょう。女性の顔が浮き彫りにされたゴールドのキャップが印象的なデザインの長方形のガラスボトルの中の香りは、気品あるスパイシーフローラルシプレノートです。過去に私がフランスで出会った文化的教養を身につけた女性達、作家、研究者、美術館館長などに「香水は何を使っていますか?」と聞くとほぼ全員の口から「シスレー、オードゥ ソワール」という名が出て来ました。彼女達のイメージと『オードゥ ソワール』がマッチし過ぎていて、それ以来私も大切なシーンで纏う香水の一つが『オードゥ ソワール』になりました。

 さて、『イジィア ラ ニュイ』に戻ります。ボックスの蓋を開けるとそこには印象的な目をデザインしたコラージュが。イギリス人アーティストのクエンティン・ジョーンズによるものです。そしてボトルデザインは、今回もポーランド人彫刻家のブロニスラフ・クシュシュトフ。ゴールドと、ラッカー調の黒が美しい。その佇まいだけでも生活をシックにしてくれる『イジィア ラ ニュイ』です。

 この香水はスプレーした瞬間(未だに世界中で続いているコロナ禍中ではとても恋しく思える)社交のシーンの華やかな場の香りがします。例えて言うなら、パリ オペラ座 ガルニエ宮でのバレエ公演の初日の夜の様。自分が薔薇の花になるようなエレガンスを身に纏いたい時、最適な香りです。そして『イジィア ラ ニュイ』が夜を讃えるフレグランスなら、朝から午後まではぜひ『イジィア』を。ドルナノ家が所有していたポーランド南部のワンツト城に咲くローズの香りがインスピレーションとなった『イジィア』も『イジィア ラ ニュイ』と同じく、アマンディーヌ・クレール=マリーの調香なので、二つの香りを纏うことで1日を美しく彩ることができます。

 たくさんの方々とリアルにお会いして楽しい時を過ごす日の為に自分に磨きをかけておきたいと思うのなら、さぁ今から『イジィア ラ ニュイ』を纏いましょう。

                                                          レビュアー 地引 由美 Yumi JIBIKI 2021年4月

香水を見つけましょう
記事一覧

New Entry

  1. review 0063 : 3-17 / çanoma(サノマ)
  2. review 0062 : アクア アレゴリア フローラ サルヴァジア / AQUA ALLEGORIA FLORA SALVAGGIA
  3. review 0061 : イジィア ラ ニュイ / Izia La Nuit
  4. review 0060 : サクラ・マグナ / SAKURA MAGNA
  5. review 0059 : モン ゲラン スパークリング ブーケ / MON GUERLAIN SPARKLING BOUQUET
  6. review 0058 : チョコレートグリーディー / CHOCOLATE GREEDY
  7. review 0057 : ルビキス オードゥパルファン / LOUBIKISS Eau de Parfum
  8. review 0056 : リブレ / LIBRE
  9. review 0055 : ヴァーダント / Verdant
  10. review 0054 : ジ アイズ オブ ザ タイガー / The Eyes of the Tiger

Archive

  1. 2021年6月
  2. 2021年4月
  3. 2021年3月
  4. 2021年2月
  5. 2020年11月
  6. 2020年10月
  7. 2020年8月
  8. 2020年6月
  9. 2020年5月
  10. 2020年4月
  11. 2020年3月
  12. 2020年2月
  13. 2019年12月
  14. 2019年11月
  15. 2019年5月
  16. 2019年4月
  17. 2019年3月
  18. 2019年1月
  19. 2018年11月
  20. 2018年10月
  21. 2018年9月
  22. 2018年8月
  23. 2018年7月
  24. 2018年6月
  25. 2018年5月
  26. 2018年4月
  27. 2018年3月
  28. 2018年2月
  29. 2018年1月
  30. 2017年12月

Shopping

ラブティックパフュメ WEB SHOP ラコゼットパフュメの公式WEB SHOPです。

×

書籍のご案内

  • パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール

    [著書]
    『パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール』
    (講談社 / 2012年)

    >ご購入はこちら
  • ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち

    [監訳書]
    『ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち』
    (フレグランスジャーナル社 / 2015年)

    >ご購入はこちら

Page Top