香りのおしゃべり会

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • 会員について
  • お問合せ

香りのおしゃべり会

ラ コゼット パフュメ – 香りのおしゃべり会 第31回 – La causette parfumée vol.31

 『La causette parfumée ラ コゼット パフュメ – 香りのおしゃべり会 』(通称ラコゼ)第31回が、2020年1月25日(土)に公益財団法人 国際文化会館(六本木)にて開催されました。2020年最初のラコゼは “「イノベーター」で読むアパレル全史 – 流行を創った変革者に学ぶ – ”(日本実業出版社)を上梓された、服飾史家/ 株式会社Kaori Nakano 総合研究所代表取締役 / 昭和女子大学客員教授中野香織氏をお招きし、ご講演をお聴きしました。

 まず開会の挨拶に続き、ラ コゼット パフュメ オーガナイザーの地引 由美から注目フレグランスとして、ÉDIT(h) エディットのオードゥパルファンの中から、 Earl Grey(アールグレイ)と Reminisce(レミニス)が紹介されました。


 
 1905年創業の印象商品の老舗の6代目社長であり、フランスにて ÉDIT(h) をローンチされた葛和 賢太郎 氏もまた鮮烈な「イノベーター」であるということで、この日のテーマに相応しいフレグランスブランドです。すでにフランスを中心としたヨーロッパで支持され、日本でも、昨年秋に開業したパークハイアット京都のスイートルーム限定のアメニティとしても採用されている注目ブランドです。

 
 会の進行についての説明の後、ご参加の皆様に嬉しいプレゼントのお知らせです。

 クリスチャン ルブタン 様から会場でご参加の皆さま全員に、クリスチャン ルブタン のロゴ入りオリジナルムエット、『パルファン ビキニケスタセラ』のフレグランスカード、さらに『パルファン ビキニケスタセラ』の2.5mlサンプル(製品価格 パルファン 80ml / 税込41,800円)をプレゼントして頂きました。ご高配に深く感謝致します。

 また、フレデリック マル様からは、ブランドの全香水と調香師の紹介、各香水の色と香りの共感覚のイメージが掲載されている小冊子を頂戴しました。貴重な資料を有り難うございました。


  中野香織先生のご講演が始まりました。

 
 最初に “「イノベーター」で読むアパレル全史 – 流行を創った変革者に学ぶ – ”(日本実業出版社)でのイノベーターの定義、そして、APPAREL、FASHION、MODE、STYLE などの用語の定義について解説がありました。そして各章のお話へと続きます。


 
 
 まず第一章、”オートクチュールの始まり – 女性「開放」のイノベーション” から。香水は、シャネル No.5 を試香しました。

 シャネルについて書かれたこの本も、中野香織先生が監訳されました。

 会場には、各界のプロフェッショナルの男性のお姿も見られます。


 
 第2章 ”20世紀モードの発展と成熟 –  時代が求める人間像を作ったデザイナー” 。このパートでは、イヴ・サンローランの オピウムを。

 香りと共に、オーデトワレのアピアランスの新旧比較です。


  
 伝記映画が二作も公開されたイヴ・サンローランの生涯。彼の才能とイノベーションを考えます。


 
 第3章、”モードの多様化と、その行き詰まり – ブランドが抱える後継者問題” についてジャンーポール・ゴルチエなどについて語られた後、第4章の “日本が世界に与えた衝撃” へと続きます。ここでは、マダム・バタフライと呼ばれた森英恵のイメージを香りで表現した  HANAEA MORI のオーデトワレを試香します。


 続いて、この日ブランド初の香水の発売日を迎えた、MIKIMOTO の MIKIMOTO オード パルファムを試香します。

 中野香織氏によって語られる、ここでしか聞けない御木本幸吉氏のエピソードには参加者の皆様も驚いたり、笑ったり。そして香りから MIKIMOTO のグローバルなスピリットを感じ取ります。

 
 続いて、ヨウジヤマモトの山本耀司氏について。

 香りは Yohji Yamamoto Essential のリニューアルバージョンです。

 
 第5章の “グローバリズムとカリスマ経営者” に続き、第6章は、”翻弄するのか? 翻弄されるのか? – 時代の寵児、クリエイティブ・ディレクター” です。トム フォード 、グッチ、セリーヌ、エトロの各ブランドを率いる個性豊かなイノベーター達のお話です。
 フレグランスは、まず
トムフォード のブラック オーキッド を。

 
 グッチは、メモワール デュヌ オドゥール。

 
 セリーヌは ナイトクラビング を試香。ボトルは ラ ポ ヌを回覧します。


 第7章では” グローバル・ニッチ市場で勝負するクリエイター” として、クリスチャン ルブタン、フレデリック マル、キリアン などが取り上げられています。

 クリスチャン ルブタン のフレグランス は、日本で最も人気のある パルファン ビキニケスタセラ を試香します。

 アイカラー、タッパロイユも一緒に回覧します。ビザンチンとアールデコの時代を彷彿とさせるこのデザインもまた、クリスチャン ルブタン の華やかな世界を表現しています。


 
 ロゴ入りのブランドムエットを「この本の栞にします」とおっしゃる方も。

 
 フレデリック マルは、フレグランス業界の大いなるゲームチェンジャー、と中野香織氏。


 
 香りは、ゼラニウム  プール ムッシューを試香します。ボトルとパッケージは アウトレイジャス を回覧。香りの出版社、というブランド名の通り、書籍を連想させるボックスです。

 
 そして、キリアン。キリアン・ヘネシーの香水への向き合い方は西洋の一般的な常識とは異なります。

 イントキシケイテッドを試香。そして、クラッチバッグにもなるパッケージと共に、グッド ガール ゴーン バッド を回覧します。

 
 最初から最後まで、中野香織先生のお話に惹きつけられた皆さまです。





 この日、中野香織先生のサイン入りのご本をご購入くださいました皆様、じっくりと”イノベーター” の世界を堪能されてください。

 お持ち帰り頂いた クリスチャン ルブタン の パルファン ビキニケスタセラ のパルファンのサンプルも、ぜひ肌にスプレーして存分に香りをお楽しみください。

 
 寄せられたご受講後アンケートの一部です。

     
 最後に重ねて、中野香織先生、ご参加くださった皆様、サンプル、テスターなどご提供くださいました各ブランドのご担当者さま、そして様々な形でご協力を頂いた皆様にお礼申し上げます。有り難うございました。

中野香織 オフィシャルサイト
http://www.kaori-nakano.com/

 

「イノベーター」で読むアパレル全史 – 流行を創った変革者に学ぶ –
日本実業出版社
https://www.njg.co.jp/book/9784534057525/

 

Earl Grey(アールグレイ)と Reminisce(レミニス)について
ÉDIT(h)

http://edithtokyo.com/fragrances/

 

No.5について
CNANEL
https://www.chanel.com/ja_JP/fragrance-beauty/fragrance/c/n5.html

 

オピウムについて
イヴ・サンローラン ボーテ
https://www.yslb.jp/fragrance/fragrance-for-her/fragrance-opium/opium-edt/512YSL.html#start=6&cgid=fragrance-opium

 

HANAEA MORI について
ハナエモリ 公式サイト
https://www.hanae-mori.com/

 

ミキモト オーデパルファムについて
ミキモト 公式サイト
https://www.mikimoto.com/jp/eaudeparfum/index.html

 

ヨウジヤマモト について
Yohji Yamamoto Parfums

https://yohjiyamamotoparfums.com/

 

ブラック オーキッド について
トム フォード ビューティ 公式サイト(英語)
https://www.tomford.com/black-orchid/T0-BLACKO.html?cgid=3-555-bestsellers&dwvar_T0-BLACKO_color=OC#start=6

 

ナイトクラビング について
セリーヌ 公式サイト
https://www.celine.com/ja-jp/celine-haute-parfumerie/haute-parfumerie-collection/nightclubbing-eau-de-parfum-100ml-6PC1H1005.37TT.html

 

メモワール デュヌ オドゥール について
グッチ 公式サイト
https://www.gucci.com/jp/ja/st/capsule/fragrances/memoire-odeur

 

パルファン ビキニケスタセラ について
クリスチャン ルブタン 公式サイト
http://jp.christianlouboutin.com/jp_ja/bikini-questa-sera.html

 

ゼラニウム プール ムッシュー について
フレデリック マル 公式サイト(英語)
https://www.fredericmalle.com/product/19566/50234/perfumes/geranium-pour-monsieur/by-dominique-ropion

 

イントキシケイテッド について
キリアン 公式サイト(英語)
https://www.bykilian.com/product/19797/52753/perfume/intoxicated/the-cellars#/sku/83249

 

 

 

 

香りのおしゃべり会
記事一覧

New Entry

  1. 『香りのおしゃべり会 第37回』を開催しました
  2. 【告知】2020年7月26日(日)『香りのおしゃべり会 第37回』開催
  3. ラ コゼット パフュメ 開催実績 2016年7月〜2020年6月
  4. 6月の ラコゼ on You Tube vol.4 を配信しました
  5. 6月のラコゼ on YouTube のお知らせです
  6. 5月の ラコゼ on You Tube vol.3 を配信しました
  7. 5月のラコゼ on YouTube のお知らせです
  8. 4月の ラコゼ on You Tube vol.2 を配信しました
  9. 4月のラコゼ on YouTube のお知らせです
  10. 3月は ラコゼ on You Tube を配信しました

Archive

  1. 2020年8月
  2. 2020年7月
  3. 2020年6月
  4. 2020年5月
  5. 2020年4月
  6. 2020年3月
  7. 2020年2月
  8. 2020年1月
  9. 2019年12月
  10. 2019年11月
  11. 2019年10月
  12. 2019年8月
  13. 2019年7月
  14. 2019年6月
  15. 2019年5月
  16. 2019年4月
  17. 2019年3月
  18. 2019年2月
  19. 2019年1月
  20. 2018年12月
  21. 2018年10月
  22. 2018年9月
  23. 2018年8月
  24. 2018年7月
  25. 2018年6月
  26. 2018年5月
  27. 2018年4月
  28. 2018年3月
  29. 2018年2月
  30. 2017年12月

Shopping

ラブティックパフュメ WEB SHOP ラコゼットパフュメの公式WEB SHOPです。

×

書籍のご案内

  • パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール

    [著書]
    『パーソナルフレグランス - 愛される香水選びのルール』
    (講談社 / 2012年)

    >ご購入はこちら
  • ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち

    [監訳書]
    『ル パルファン - 時代をいろどる香りとミューズたち』
    (フレグランスジャーナル社 / 2015年)

    >ご購入はこちら

Page Top